車買取りと下取りは何が違うの?

車買取,車下取り

車を売るといえば、まずは、買取りか下取りかといった選択が考え付きますよね。
よく耳にはするけど、じゃ買取と下取りってどう違うんだろ?
なーんて、思ったことはありませんか?

 

 

 

車買取りとは、所持している中古車を現金などで買い取ってもらうことを言います。
そして、下取りとは、買い取ってもらったお金で、別の車を購入するというもので現金のやり取りはありません。
単純に車を手放すときには、車買取しか選択はありませんが、(←二択でのハナシです。他にも、車を売るには個人売買などもありますよね(^.^))
同じ販売店ですぐに別の車を購入したいというときには、下取りという選択肢もあります。

 

 

 

新たに車を購入する場合、買取りでも下取りでも、同じではないかと思われるでしょうが、それぞれにメリットやデメリットがあります。
買取りの場合、下取りの査定基準と比較すると、その基準が細かいことが多いようで、提示された査定金額に納得のいく説明を得られやすいという側面があります。
詳しい説明を得られた場合、同業他社の査定金額と比較して検討することも容易ですし、一旦、現金を手にしてから、次の行動を考えることもできます。

 

 

下取りの場合、一か所で手続きがすみ代車の心配もしなくていいので
ラクなのが、最大のメリットです。
ただし、肝心の査定額が不明瞭で、往々にして専門店が行う車買取よりも安く査定されることが多いようです。

 

 

どちらが最適とは一概にいえない部分もあるので、
両方で査定を行い、トータル的に考えて最も得になるように選択をするのがベストでしょう。

 

 

 

 

>>>トップページ

車買取りと下取りは何が違うの?関連ページ

車下取り査定額で失敗しない立ち回り方
車下取り査定額で決して損しない交渉?下取りと値引きは分けて提示してもらう!