車を売ると自動車税は戻ってくるの?

車,売る,自動車税,戻ってくる

自動車税は、毎年4月1日時点での所有者(車検証に記載の所有者・ローンで車を購入しているときに所有者)に
翌年3月31日分までの1年間分の納税義務が生じます。
一般的に5月ごろ、税務署から通知書が届くはずです。

 

 

 

ということは、4月1日を過ぎてから車を売ると
支払った分の自動車税はどうなるのでしょう?

 

 

 

完全な廃車にする場合は、
抹消登録をした日以降の分を月割り額が還付されますが、
車の買取業者などに売却した場合は、
2通り考えられます。

 

 

一つは、買取価格に月割りの自動車税がプラスされること。
もう一つは、提示された買取価格に自動車税の分も含まれていること。
別途、契約書に自動車税は還付しないと一文ある業者も存在します。
(軽自動車の場合は、あとから納税する形のため税金の還付はありません。)

 

 

ようするに、
今現在、買取業者ごとに自動車税の還付については
対応がバラバラだということです。

 

 

こちらの記事でも紹介していますが、
車を売る場合には、複数の業者を比較するのは基本ですが、
その他、自動車税に対する対応についても確認しておきましょう。

 

 

また、車を売る場合、税金を支払った証明である
自動車納税証明書が必要になります。
もしも、紛失してしまったら、
各都道府県の税事務所または自動車税管理事務所で再交付の手続きをしてください。