メルセデス・ベンツを売るなら?

メルセデス・ベンツ 売る

ドイツのおける高級車の代表といえるのが、メルセデス・ベンツですね。
世界で初めてエアバッグを装備したり、横滑り機能を全車種に装備するなど、安全性においても評価が高い車として有名です。
走行時のパワー、安定性など、ブランドネームだけではない車だということが、一度乗れば体感してしまうメーカーです。

 

 

日本においても、高級輸入車の代表格といえますが、実際は乗用車だけでなく、バスやトラックなどの営業車も製造する自動車メーカーになります。
日本の輸入車市場では、高級感のあるステータスが味わえることから常に人気のブランドであります。
その為、メルセデス・ベンツ認定のディーラーや輸入車買取業者も、積極的に買取の意思表示を行ってもらえます。
特に、認定ディーラーでは、整備工場を併設していることから、買取った車を整備して付加価値を高めることが可能となります。
その為、認定ディーラーでは、高い査定が付けられるといわれています。

 

 

このメルセデス・ベンツは、様々な車種に分けられております。
高級感のイメージの強い車ですが、現在、日本で一番新規登録数が多いのは、Cクラスと呼ばれるコンパクトタイプのセダンになります。
背景には、日本の道路事情などを察して、乗りやすさを重視する人が増えていることにあります。
ちなみに、このCクラスは年間約9000台の新規登録があります。
それに対して、メルセデス・ベンツ全体として、人気が最も高いのがEクラスになります。
年間約7000台の新規登録があります。
その他にも、最高級グレードを表すSクラスに、最小型のAクラスやBクラスなどが、ラインナップとしてあります。
従って、需要の多いCクラスやEクラスであれば、買取査定でも特に高値が付けられることになります。

 

 

ディーラー以外の査定というと、車買取を専門に行っている店舗がありますが、
その中でも、輸入車を得意とする店舗、専門の店舗など種類がありますので、ディーラー含めいくつかの業者で買取の査定を行い、比べて売るのがカシコイ方法といえるでしょう。

 

 

>>>トップページ