右ハンドル車の優位性

右ハンドル,優位性

近年では、輸入車といっても8割強が右ハンドル車です。
輸入車は左ハンドルとする概念は、一昔のものになっています。

 

 

 

一般に、右ハンドル車は正規輸入車であることから、日本風土に適合した設計がされています。
その為、正規輸入の右ハンドル車は、エンジントラブルも少なく、信頼性も高く評価されています。
逆に、左ハンドル車は並行輸入車が多く、メンテナンスが充分に行えなかったり、専用の部品が海外からの取り寄せになったりすることで、維持費が割高になることが考えられます。
勿論、日本では右ハンドル専用に道路網が整備されていることから、右ハンドル車の方がドライビング面でも優位になります。

 

 

 

これまでの左ハンドルの車では、どうしても右折時に対向車が見え難く、もしも対向車と衝突にでもなれば、運転席側に当たってしまうリスクが考えられました。
まして右折時に、前方に大型車がいる時は、対向車を視界に捕らえることは不可能となります。
また、左折時においても、狭い路地などでは壁に視界が遮られる面積が、右ハンドルと比較して大きくなってしまいます。
その為、前方から来る歩行者や車の確認が、遅れてしまうリスクがあります。
更に、有料駐車場などでは、駐車券の受取り時に助手席に人が乗っていないと、運転手は一旦車を降りて駐車券を取りに行く面倒もあります。

 

 

 

このように、左ハンドル車を日本国内で使用するのは、運転リスクも高く、各施設等の利用時には不便な点も多いことから、右ハンドルの輸入車の増加に繋がっているといえます。

 

 

 

>>>トップページ